SPF値?PA値?なんだそれ?!
こんにちは♪
☆大阪・豊中 アロマテラピーサロン SOURIREA(スゥリレア)です☆

先日、紫外線について少しお話をさせていただきました。
今日はその続き。

まず、日焼け止め化粧品などによく書かれているSPFとかPAって何でしょう?
なんとなく数値が高い方がいいんちゃうん?で選んでませんか?

紫外線とは・・・
地球に降り注ぐ太陽光線の一種で波長の長さによって分かれていて
UV-A,UV-B,UV-Cがあります。
このうち、私たちが浴びているのはUV-AとUV-Bの一部です。
長時間の日光浴で肌が真っ赤になったり、水ぶくれが出来たり、
このように肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因となるUV-B と
肌の奥まで浸透し肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こすUV-Aがあります。

UV-Bは肌表面の細胞を傷つけたり炎症を起こすので、皮膚がんやシミの原因に
なったりするのですが
波長が短い分UV-Aに比べると地上に到達する量は全体の約10%と少量です。
波長の長いUV-Aは、肌の奥深くまで浸透しシミ・シワの原因になっていくなど
長時間かけてじわじわと肌に様々な影響を及ぼします。
このようなUV-BやUV-Aに関する効果の指標として用いられているのが
SPF値(UV-Bに関する効果の指標) と
PA値(UV-Aに関する効果の指標) なんです。

■SPF値とは
Sun Protection Factorの略で日本語では紫外線防御指数という意味。
SPF値は商品ごとにUVカット効果を測定して0~50までの数字で表されてます。
数字の意味は紫外線をカットできるかどうかということではなくて、
肌が赤くなり始める(日焼けし始める)までの時間をどれくらい延長できるかという意味。
SPF50というのは日焼けし始めるまでの時間を50倍遅らせることが出来るという意味なんです。
例えば何も塗らない時に20分で肌が赤くなり始める人がSPF50の商品を塗ると
20分×50=1000分で1000分間はUV-Bから肌を守る働きがあるということなんですね~。

■PA値とは
Protection Grade of UV-Aの略。
UV-A防御指数と言われ、+~++++まで4段階に分かれています。
PA値も肌の色素沈着が起こるまでの時間を延長することができる数値なので
つけていれば全く日焼けをしないということではなくこまめに塗りなおすことが大切。
また、UV-Aはガラスを浸透するので室内にいても日焼け止め対策が必要ですよ!

肌に受けるダメージは肌タイプによっても変わってきますが”数値の高いものを塗っているから
安心”ではなくこまめに塗りなおすことの方が大切です。
普段の生活はSPF20~30程度で十分です。
高い数値のSPFは逆に肌への負担も大きいのです。
自分のライフスタイルに合わせてSPF値やPA値を決めることが大事ですね♪

こんな風に書いてると紫外線はダメなもの!!!というイメージですが、
骨を丈夫にしてくれるビタミンDを作ってくれたり、免疫力を高めてくれたりと
太陽の光は私たちにたくさんの恵みも与えてくれてるんですよー。


*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:

ご予約・お問い合わせは
大阪 北摂 豊中にあるアロマテラピー リラクゼーションサロン
Aromatherapy Relaxation Room SOURIREA(スゥリレア)
http://www.sourirea.com
営業時間 11:00~18:00(要相談)  
不定休 完全予約制

*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:
[PR]
by sourirea | 2014-06-14 03:55 | スキンケア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sourirea.exblog.jp/tb/19894917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東洋医学講座 ご予約状況の更新です >>