妊婦さんからの質問
こんにちは♪
☆大阪・豊中 アロマテラピーサロン SOURIREA(スゥリレア) セラピスト 岩永 知香 です☆

先日、妊婦さんから『会陰マッサージに使うオイルは何がいいですか~?』と
質問を受けました。

今は病院やマタニティ教室などでもおすすめしてるところが多い会陰マッサージ。
私が出産した〇〇年前?とかは会陰マッサージという言葉も知らず・・

そもそも会陰ってどの部分??
外陰部全体のことを思っている方も多いみたいですが、
会陰とは膣と校門の間の部分のことなんですょ。
赤ちゃんが産道から出てくるとき、頭やおでこでそこを押し広げて出てきます。
赤ちゃんの頭囲は33㎝前後あるのでかなり広がるというのはわかりますよね。

急激にお産が進んだり、会陰部分の伸びが悪かったりすると
裂けてしまったり、切開をすることになるんですが、
会陰マッサージは出産前に会陰部分を柔軟にし伸びを良くしておいて、
会陰切開をできるだけ防ぐというのが目的です。
また、裂けたり縫ったりするのとしないのとでは、産後の治りが全く違います。
会陰切開の傷が原因で鬱になったり、痛みや恐怖でセックスレスになる人もいます。
そうならないためにも妊娠中から努力し、なるべく切らずに産むことをおすすめしたいですね。
傷が小さければ小さいほど、産後の子育てもラクにスタートできますから。

始める時期の目安は20週くらいからですが、お腹が張りやすい方や張止めの薬を飲んでる方は
36週以降くらいにした方がいいと言われています。
またマッサージ中に張りが出たり、異常を感じたりしたら、週数に関係なく
すぐに中止してくださいね。
やり方は指にオイルをつけ会陰部分を伸ばすような感じでクルクル~とマッサージします。
(会陰部分を触るのに抵抗がある方はオイルを染み込ませたコットンを使用しても可)
もちろん始める前に手をしっかり洗って清潔にしてから行ってください。
お風呂上りに行うと清潔ですし、からだも温まってるので伸びもいいかもしれませんね( ´∀`)b♪
週1回~多くて3回もすれば充分効果が得られるようですので無理のない範囲で
行ってください♪

話がだいぶそれてしまいました!!
妊婦さんからの質問の使用するオイルについて。。
会陰マッサージ専用のオイルというのは今のところないので、100%純正の植物性オイルを
使用することをおすすめします。
種類はいろいろありますが、おすすめのものをいくつかご紹介。

セサミオイル・・・皮膚を柔らかくするビタミンEが豊富で、抗菌作用も高いセサミオイル。
          価格もお手頃。
カレンデュラオイル・・・マリーゴールドの花をキャリアオイルに漬け込んで作る抽出液のこと
             で、皮膚の修復を早め美肌効果があることから、会陰マッサージに
             使っている方が多いです。少々お高めです。
アーモンドオイル・・・・どの肌質にも合い、肌への馴染みがよくクセのない香りが特徴。
ホホバオイル・・・・・・・人間の皮脂に非常に似ているので肌への浸透がよく保湿作用にも
              優れている。皮膚を柔らかくする作用もあります。
グレープシードオイル・・肌馴染みがよく、肌のキメを整え滑らかにしてくれます。

参考にしてみてくださいね~~。




*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:

ご予約・お問い合わせは
大阪 北摂 豊中にあるアロマテラピー リラクゼーションサロン
Aromatherapy Relaxation Room SOURIREA(スゥリレア)
http://www.sourirea.com/
営業時間 11:00~18:00(要相談)  
不定休 完全予約制

*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:
[PR]
by sourirea | 2015-01-16 22:46 | マタニティー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sourirea.exblog.jp/tb/20724667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新メニュー誕生♪ 1月後半のご予約状況です♪ >>